たったこれだけ!neo moneyの海外での現金の引き出し方

日本円でチャージ(入金)したお金を海外のATMから現地通貨として引き出せるプリペイドカードのネオマネー(neo money)。

海外で現地通貨の引き出しができるプリペイドカードを一枚持っていると大変心強くて便利ですが、いくら便利といっても使い方が分からなければ意味がありませんよね。特に海外のATMとなると渡航先の言語や英語が分からず、実際に現地で使えるかどうか不安という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ネオマネーの海外でのATMの使い方を解説していきます。


 

・海外のATMでよく使う英単語

これから現地での現金の引き出し方を解説していきますが、まずは海外のATMでよく使われる英単語をまとめてみました。英語力に不安のある方は覚えておくと便利ですし、渡航前にざっと目を通しておくだけでも違いますので是非参考にされてみてください。

※ATMは複数の言語に対応しているものが多く英語圏以外の国でも英語を覚えておくと便利です。

確認・実行 ENTER/CONFIRM/OK/YES
取り消し CANCEL/EXIT(訂正:CLEAR)
暗証番号 PIN/SECRET CODE
取引 TRANSACTION
引き出し WITHDRAWAL/GET CASH
残高照会 BALANCE INQUIRY
口座 ACCOUNT
普通預金 SAVING
明細書 RECEIPT
クレジットカード CREDIT/CREDIT CARD

・海外ATMの使い方

海外でのATM操作は機械によっても違いますが、大まかな使い方は以下のようになっています。

①ATMにカードを挿入する

ATMにプリペイドカード(ネオマネー)を挿入します。

②使用言語の選択

日本語の表示があれば日本語を選びます。日本語がなければ現地もしくは英語など好きな言語を選択します。

③暗証番号の入力

カードを挿入すると暗証番号(PIN・SECRET CODE)の入力画面が出てくるので、カード申し込みの際に設定した4桁の暗証番号を入力しENTERボタンを押します。

ただ、注意していただきたいのは、4桁ではなく6桁の暗証番号入力を求める機械(ATM)も多く存在しますので、その際は4桁の暗証番号+00と0を2つ足して入力してください。

例:暗証番号が1234の場合、123400と入力します。

※暗証番号を一定回数間違えるとその場でカードが回収されたり利用停止になることがあります。

④TRANSACTION(取り引き)の選択

GET CASH またはCASH WITHDRAWAL(現金引き出し)を選択します。

※現金の引き出しではなく残高の確認を行いたい場合はBALANCE INQUIRY(残高照会)を選択してください。

⑤ACCOUNT口座の選択

SAVING(普通預金口座)を選択します。

※場合によってはChecking Account/Current Account(当座預金口座)を選択することもあります。

⑥引き出し金額の設定

引き出す金額を選択します。
出金額はあらかじめ表示されている場合が多く、その金額でよければ決定を選択します。

希望する金額が表示されていない場合はOTHER AMOUNT(その他の金額)を選択し出金したい金額を決定します。

⑦現金・カードの受け取り

最後に現金とカード(場合によっては利用明細書)を受け取り、操作終了となります。

※最終画面で取引の継続画面が表示される場合は「No」を選択して最初の画面に戻り取引を終了してください。


・まとめ

以上、海外での現金の引き出し方について紹介しました。

海外でのATM操作は慣れないうちは緊張しますが、使い方を覚えてしまえばそれほど難しいものではありませんし、慣れてくると海外でATMを使いこなせている自分がちょっとだけカッコよく感じるという方もいるようです。

今回の記事はカードの挿入から現金引き出しまでの流れを現地ATMでよく使用される英単語とともに紹介しましたが、まだ不安があるという方は、YouTubeなどで「海外 ATM 引き出し(もしくは使い方)」といったワードで検索すると、実際に海外のATMを使って現金の引き出しを行っている※動画がみられますので是非参考にされてみてください。

※動画はネオマネーではなくクレジットカード等その他のカードで引き出しを行っています。

発行が間に合わない?ネオマネーの申し込みを急いだ方がいい理由

 

 

旅行やビジネス、留学など海外への渡航者にとって現地通貨の引き出しやショッピングができるプリペイドカードのネオマネー(neo money)は、クレジットカードと合わせて、現地生活を送る上でのとても強い味方になりますよね。しかし、この便利なプリペイドカードの発行には必要書類を用意して申し込みを行い、さらに手元に到着するまでに数日の日数を要するなど、意外と手間と時間がかかってしまいます。
そこで、ここではネオマネーの申し込み方法や発行までの日数について解説していきます。

・手続きに必要なもの

まずはネオマネーの申し込みの際に必要なものについてですが、申し込みには本人確認書類とマイナンバー確認書類の2点が必要になりますので必ずご用意ください。

・本人確認書類

・運転免許証または運転経歴証明書(平成24年4月1日以降に交付されたもの)
・各種健康保険証
・パスポート(日本国内で発行されたもの)
・特別永住者証明書
・在留カード
・住民基本台帳カード(写真付き)
・障害者手帳
・個人番号カード

 

※以上の書類の中からどれか1点

・マイナンバー確認書類

・通知カード
・個人番号カード
・個人番号入り住民票の写し

 

※以上の書類の中からどれか1点


・申し込み方法と発行日数

ネオマネーの申し込み方法は3つあります。
それぞれの方法によって発行日数も変わってきますので、海外への渡航まで時間がない方は発行日数に合わせて申し込みを行うと良いでしょう。

・セゾンカウンターでの即日発行

最寄りのセゾンカウンターに必要書類(※本人確認書類とマイナンバー確認書類の2点)を持参し、プリペイドカードの発行依頼を行います。
セゾンカウンターで申し込みを行うとカードを即日発行できるので旅までに時間がない方におすすめです。
しかし、即日発行を行っているのは「NEO MONEY Visa(国内・海外)」のみでそれ以外のカード(「NEO MONEY Visa (海外専用)」「NEO MONEY Visa サッカー日本代表デザイン」「NEO MONEY 銀聯」の3種)は即日発効に対応していないので注意してください。

 

※セゾンカウンターでの申し込み時、本人確認書類として「健康保険証」を持参する場合、印鑑登録証明書、住民票の写し、戸籍謄抄本(戸籍の附票の写しが添付されているもの)、国民年金手帳、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、母子健康手帳、社会保険料の領収証書、国税・地方税の領収証書または納税証明書のうち、いずれか1点が必要になります。

・オンラインでの申し込み

自宅インターネット、もしくはスマホからネオマネーの公式サイトにアクセスし、必要事項の入力と必要書類の画像アップロードを行います。
オンラインで申し込みの場合、手続き完了後3営業日後(土日祝祭日を除く)にカードが発送(到着はさらに数日後)されます。
発行までの日数は数日かかるものの、24時間いつでも・どこからでも手軽に申し込みできるので特に急いでない場合はこちらの方法が一番おすすめです。

・郵送での申し込み

セゾンカウンターや資料請求ページより申込書を請求して必要事項を記入の上、必要書類のコピーを貼り付けて郵送します。
申し込み用紙がネオマネーの運営会社である「株式会社クレディセゾン」へ到着後、約1週間で登録した住所へ簡易書留(転送不要)で発送(到着はさらに数日後)されます。
カードの受け取りまでに時間がかかるため渡航まで時間的に余裕がある方や、まずは資料をみてから発行を検討したいという方におすすめの方法です。


・まとめ

以上、3通りの申し込み方法について解説しました。
ネオマネーはセゾンカウンターで手続きを行った場合、最短の即日発行に対応しているため場合によっては渡航の前日(最悪当日)でも間に合うかもしれませんが、必要書類を用意したり時間を作ってセゾンカウンターまで足を運ぶ必要があります。
また、一番手軽なオンライン申し込みでも数日を要するため、ギリギリに申し込みをして間に合わないということがないように、遅くても渡航の1週間前までには手続きを済ませておくようにしましょう。それでは、余裕をもって良い旅を。

わずか5秒!ネオマネーが使える国と使えない国の探し方

 

ネオマネー(neo money)が使える国と使えない国

日本で入金したお金(日本円)を世界各国のATMから現地の通貨として直接引き出すことができるとても便利なプリペイドカードの「ネオマネー(neo money)」ですが、いくら便利なカードでも渡航先に対応するATMがなければ使えません。

ネオマネーが使えるATMは世界中の空港や街中に存在しているため、基本的にはあまり心配する必要はありませんが、どうしても心配という方のために、わずか5秒で出来るネオマネーが使える国(ATMの場所)の探し方を紹介していきます。


・カードブランドによって対応ATMは違う

世界各地のネオマネーが使えるATMを探す前に、まずは大切なことの確認から。

ネオマネーはブランド別に分けると、VISAブランドの「NEO MONEY Visa」と銀聯(Union Pay)ブランドの「NEO MONEY銀聯」の2種類のカードがあり、それぞれのブランドによって使えるATMが異なります。Visaタイプのカードの場合はVisaもしくはPLUSマークがついているATM、銀聯タイプのカードの場合は銀聯(Union Pay)マークのついたATMで使うことができます。

・「VISAブランド」:VisaもしくはPLUSマークのATM
・「銀聯ブランド」:銀聯(Union Pay)マークのATM


・現地のATMは専用サイトで探すだけ

それではさっそくATMの探し方をご紹介していきます。

現地ATMを探す方法としては、タイトルの通り専用のサイトで探すだけになります。探し方はとても簡単で、ネオマネーのVisaタイプを使用している場合はVisaの運営する「ATMロケーター」というサイトに、銀聯タイプなら「銀聯(Union Pay)の公式サイト」にアクセスして調べたい国や都市を入力するだけになります。


・まとめ

以上、Visaと銀聯(Union Pay)それぞれのブランドに対応するATMの探し方について紹介しましたが、どちらのブランドも専用のサイトにアクセスして検索するだけという、わずか5秒程度の作業になります。

ただ、どちらのサイトとも、かなりざっくりとしかATMの所在地を表示していない印象で、実際には空港や街中を歩いていてもかなり頻繁にそれぞれのマークがついたATMを見かけます。

特に「銀聯(Union Pay)」は中国やアジア圏に多く、「Visa」や「PLUS」のATMは中国やアジア圏も含めて、世界各地にまんべんなく設置されています。

もしも専用サイトで検索してもATMの設置数が少なくて心配という方は、「現地(空港)+カードブランド+ATM」(例:ハワイ(空港または○○ホテル) PLUS ATM)などのワードでweb検索すると現地在住者や旅行者のブログもしくはホームページなどで所在地が紹介されていることもあるので渡航する前に一度調べてみることをおすすめします。