neo moneyの口コミ・評判と海外でのスキミング体験談


 

旅行や留学、ビジネスなどこれから海外に渡航する方にとって問題となるものの一つが現地での滞在費用について。

お金は現金で持って行くのかクレジットカードで支払いを済ませるのか。

そんな時の選択手段の一つとなるのが、日本円で入金(チャージ)したお金を現地通貨として引き出しできるプリペイドカードのネオマネー(neo money)ですが、実際のところ使い勝手はどうなのでしょうか。

口コミや評判を調べてみました。

 

 

・ネオマネーの口コミと評判

以下、ネオマネーの口コミです。(クチコミは要点を箇条書きでまとめています。)

・使ってもポイントカードがつかないのが残念

・クレジットカードのキャッシングよりレートや手数料が高い

・クレジットカードのように付帯する保険がない

・作成の審査が通りやすい(クレジットカードを作れない人でも作れる)

・ATMで24時間いつでも出金できるので便利

・海外で多額の現金を持って歩くよりも安心できる

・何かあったときに家族から送金(入金)して貰えるから便利

・口座の維持手数料が無料なので、残ったお金はまた次の旅行で使える

・(入金した金額が使える為)クレジットカードの限度額のような上限がない


 

・海外でのスキミング体験談

続いては海外でクレジットカードのスキミング被害にあわれた方の体験談です。

ネオマネーについて言及していますので紹介していきます。

私の趣味は海外旅行で、これまでアジア・ヨーロッパを中心に20ヶ国以上の国を旅してきましたが、一度だけヨーロッパ横断の際にフランスでクレジットカードをスキミングされて、カードを使用できなくなったことがあります。

 

フランスからスペインを経て、ちょうどイタリアへ入国したタイミングで不正使用の疑いがあるとカード会社から連絡が来ました。すぐに再発行の手続きを行ったのですが、新しいカードは日本の自宅にしか届かないとのことでした。

 

普通ならその時点で旅は終了、なんとかして帰国しなければなりませんでしたが、幸い海外で現地通貨を引き下ろしできるカードを持っていたため、そのまま旅は続行。その後約2ヶ月をかけて多くの国を周り、多くの人や文化と触れ合うことができました。

 

海外では普段、移動や宿泊には「クレジットカード」、街中での少額の買い物は「現金」と支払い方法を分けていますが、どちらかだけではやはり不便です。(例えば現金だけでホテルに泊まるとネットからの事前予約も行いにくい、クレジットカードだけだと街の小さな市場や露店などでは対応できないこともあるなど)

 

海外へ行く際にはクレジットカード(2枚程度あればベスト)とは別に現金と現地通貨を引き出せるneo moneyのようなプリペイドカードを一枚持っておくことを強くおすすめします。

 

海外は頼れる人も少ないですし、言葉や文化も違います。しかし、お金の価値は共通しているので最悪お金さえあれば乗り切れる場面も多くあります。

 

3~4泊くらいの短期滞在でしたらあまり問題はないでしょうが、旅行や留学などで長期にわたって海外へ渡航される際は特に必要です。旅へ出る際は事前にしっかりと準備を行い楽しい旅を過ごされて下さい。

 

30代前半 男性


 

・まとめ

今回はneo moneyについての口コミ・レビューや評判、そして海外でのスキミングの体験談を紹介しました。

そのなかで、悪い口コミとして多かったのは「手数料が高い」といったものや、「クレジットカードのように付帯する保険がない、ポイントがたまらない」といった意見です。

反対に良い口コミとしては「24時間いつでも現金の引き出しができる」「もしもの時に家族に現金を入金(チャージ)してもらえる」といった感想が見られました。

確かにneo moneyは為替レート+4%の手数料と引き出しの際に200円程度の出金手数料がかかりますし、クレジットカードのようなお得な特典もついていません。

その反面クレジットカードのように限度額の上限もありませんし、日本にいる家族からの入金ができるといったクレジットカードにない強みも持っています。

スキミング被害の体験談でも言われていましたが、そもそもクレジットカードとプリペイドカードは分けて考えるべきで、可能であればそれぞれ一枚ずつは持っておくと便利でしょう。